10 July 2010

Torn-up cityscape on the ground


Even a brief rain gives us a photographic pleasure.

ちぎられた風景

雨には不思議な力がある。規則的な雨音を聞きながら歩いていると人はいつしか詩人や哲学者になってしまう。それは雨が人を猥雑な外界から切り離してくれるからだろうか。

しかし詩人や哲学者になれるのはヨーロッパにあるような静かな歴史的な街であり、大阪のような喧しいだけの所では土台無理。悲しいですね。

2 comments:

Arnaud said...

Interesting view :-)

Cathy said...

I love this. I think you have an amazing eye for composition. This shot reminds me of Escher's "Puddle" even though the subject is different.