04 August 2011

The lantern street


What I'm always charmed with at festivals is the warm light of Japanese lanterns. But it is sad that we have mostly abandoned this modest lighting culture in everyday life.

提灯通り

祭りで私がいつも魅了されるのは提灯の暖かな光。しかしこの奥ゆかしい光の文化を日々の暮らしの中で殆んど捨ててしまったのは悲しい事である。

提灯の 仄かな明かりに 浮かびくる 幼き頃の 楽しき思い出 (拙作)

5 comments:

POESIE-LYRIK-HAIKU-KURZGESCHICHTEN-FOTOGRAFIE-H-P's FOTO ART said...

Lieber Masa,

gedämpfts Licht beruhigt die Seele und öffnet Herzen. ein schönes Foto!

Liebe Grüsse aus der Schweiz

Hans-Peter

Connie in Japan said...

Hi Masa!!

Great picture! Sorry..I have been away from blogging for a while...

Cyril said...

Hi Masa, and Grüezi!
Thanks for your comment on my blog! ;) Here is a view from my window, in Switzerland: http://www.hereandnow.ch/depuis-ma-fenetre/

Thanks to share,

Cyril

meteortrain said...

ちょうちんの暖かい光がとても印象的です。
少年時代にタイムスリップしてしまいそうです。

Light with a warm lantern is very impressive.
Time seems to slip in the boyhood.

mint said...

はじめまして。
先日は、当ブログへのご訪問&コメントをありがとうございました。
私も、提灯の優しい灯り
お祭り位でしか今は見る事はなくなりましたが
懐かしさを感じさせてくれるのが、イイですよね。